神田川

Kanda river

玉川上水と並んで有名な神田上水は、江戸時代日本最初の水道として作られました。現在の神田川は井の頭公園の井の頭池を水源とし、池尻のひょうたん池から流れ出ています。水辺に親しむことのできる川辺や川沿いの遊歩道が整備され、水面の直ぐそばまで下りることが出来、石を渡って向こう岸まで渡ることも出来ます。京王線の井の頭公園駅の所からは、ひらけた広い原っぱになり自由に遊べます。
三鷹市井の頭1

kanda01

kanda02

ひょうたん池から流出口、ここから神田川が始まります。

 

kanda03

ここが神田川の源流です 神田川は善福寺川、妙正寺川と合流して隅田川に注いでいます

kanda05

夏の時期は水遊びをしたい子供達の遊び場です。

 

kanda04

kanda06

kanda07

kanda08

広場の上を走る京王井の頭線電車がのどかに走ります。

 

kanda09

kanda10

ひょうたん池そばの標識、行き先が書かれています。